こんにちは、勝手に応援所で占いへご相談された方をサポートするトイアンナです。 今回のご相談は30代に入られて結婚に悩むあいらさん

1b22c2c3.jpg


30代になると周囲も結婚しはじめて、「私は結婚できるかな」と気になり始めますよね。また、あいらさんがご相談された心の病気に限らず「私にはこういった欠点があるから結婚でいないかもしれない」と不安な要素をお持ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。
私も一時精神科系の薬を飲んでおり、このことで差別されたり、結婚できなかったりしたらどうしようと悩んでいました。でも、今から書く「男性目線での考え方」をしてみたところ、悩まず楽しく婚活できるようになりました。

ここからはぜひ想像してみていただきたいたのですが、もしあなたが世界で1番素敵な男性に出会って結婚しようと思ったときに「実は毎日薬を飲まないといけない体で」と彼に言われたら結婚をとりやめるでしょうか?むしろ「それで親戚や周りに何か言われたら、私が守ってあげたい」と愛しい相手を思いやるすべを考えるのではないでしょうか。
万が一あなたのことを愛してくれる男性が、服薬を理由に結婚を躊躇するならばその男性とは無理して寄り添う必要はないのです。あいらさんの場合は毎日服薬が必要なことが気にかかっていらっしゃるようですが、かえって服薬していることが、ダメな男をブロックするフィルター代わりになってくれるかもしれません。

人間60代にもなれば大体誰だって毎日服薬するはめになりますが、そのとき服薬を理由に別れる人なんていないはずです。そこまでいわなくても、毎日喫煙される方や毎日晩酌される方など「これナシでは1日過ごせないこと」を持っている人はさまざまいらっしゃいます。「タバコを吸っているから結婚できないかもしれない」と同じくらいに「気にする人は気にするかもしれないけど、気にしない人にとってはまったく問題ない」ことではないでしょうか。
服薬が唯一現実的な課題になるとすれば、はあいらさんが妊娠を望まれている場合です。服薬の内容によっては、妊娠された場合に影響があるかもしれません。でも、それは毎日お酒を飲む人、ヘビースモーカーの方と同じようにお医者様へ相談することができます。少なくとも今の時点で「妊娠は諦めてください」と言われていない限り(精神科系のお薬でそのようなことをおっしゃられた方の例をまず聞いたことがありませんが)、そこも問題にならないことがほとんどです。服薬されていることでダメ男をフィルターにかけて、素敵な男性にあいらさんがめぐり会えますことをお祈りしています!


トイアンナとは?
cdf9ae8ff2dce7999055e61c52343333

人気コラムニスト, ライター。ブログ『外資系OLのぐだぐだ』をはじめ、 人の生きざまを分析する文章でファンを獲得し月間50万PVを記録。
http://toianna.hatenablog.com/